求人teachers
求人teachers 求人teachersの広告

求人teachersへようこそ|求人teachers

もったいないから永山ぱみゅぱみゅ 志望動機のミスは痛いです 自己分析をしてから応募しましょう トピックスです! え?まさか…そんなことが必要なのですか

求人に応募する前

面接での対応方法

  • 接客営業の仕事への面接!身だしなみについて

    なぜ身だしなみを確認しないといけないのか? 考えても答えがでない時ってありますよね。そういう時は、その考えているポジションを自分と置き換えてみましょう。そうすると意外と簡単に答えは出てくる時があります。今回の様に「なぜ身 …

  • 調理の仕事への面接!相手の目線 について

    なぜ相手の目線 を確認しないといけないのか? 面接の時は相手の目線を確認してみましょう。目線がうつろで興味がなさそうだったりするとやばいです。そういった時は相手の興味を引き付けるような話題を出してみましょう。例えば営業だ …

  • 店頭販売スタッフの仕事への面接!身だしなみについて

    なぜ身だしなみを確認しないといけないのか? 人は商品を買う時に、自分が欲しい商品を販売している店に行きます。でもその時に販売している人を見て自分が本当に苦手な人だと思った時にどうすると思いますか?同じ商品を販売している違 …

  • 飲食店ホールスタッフの仕事への面接!身だしなみチェックについて

    なぜ身だしなみチェックを確認しないといけないのか? 身だしなみを見て人は判断をします。あなたも同じだと思います。男女の関係でも同じことが言えると思います。外見が不潔そうな人と清潔そうな人がいるとします。不潔そうな人を選ぶ …

  • 女性服の販売員の仕事への面接!身なりについて

    なぜ身なりを確認しないといけないのか? 身なりを確認するというより、乱れていないのか知っておいて乱れていたらきちんと直さなければいけません。服装の乱れは心の乱れと同じだと言います。心が乱れている状態で販売は出来ません。出 …

求人解説員永山

地元に密着したタコ焼き屋で働く

2014.03.24にこの情報はアップされました。

店に通っている時は考えていなかったが、たこを焼くだけで地域密着型の店として人気がある店で働き友人に紹介する。

地域密着型の店に新しい人は来ない

人気が、いくらあってもそれは廃れることはあると思います。ですが、ここの人気はなくなることがありません。 なぜならこの店の前は、学校の通学路になっているので毎年新しい学生が来るからです。 先月まで、働いてくれていたバイトの子が辞めてしまったので求人を出そうと思っていました。 求人広告の会社に連絡をする少し前に辞めたバイトの子から紹介を受けたと新しい子が店に履歴書を持参でやってきました。 私は、求人広告の会社に連絡をして掲載を頼むのを辞めました。面接に来た人は本当に素直で元気な子でした。 履歴書を見なくても即採用を決めてしまいました。

友人に人気の店で働いてみないかと言われて履歴書を書きました。

学生の頃からの友人に、アルバイトを紹介してもらいました。 友人の通っていた高校の近くにその店はありました。 友人は、その店で働きたくてバイトの求人はありませんでしたが、直接お願いしたと言っていました。 バイトの面倒見がとても良い店主だと話を聞いていました。 話しか聞いていませんでしたが履歴書を持参した時に店主と出会った瞬間で良い人と言う事がわかりました。 たこ焼きは大阪人なので小さい頃から作っていたので多少なりとも自信はありました。 私が店主に会う前まで抱えていた問題は、店主に気に入られるかどうかでしたが、 会った時の店主の表情を見れば嫌われていないことが分かったので、全力で店に貢献したいと思いました。 友人にこの店を紹介してくれたことを本当に感謝しました。

求人解説員永山の上から

新聞配達が健康法に繋がった話

2014.03.24にこの情報はアップされました。

若い時に新聞配達をしていた経験が今の健康にがっていると思いました。新聞配達で健康体が作れるならもう一度体験しようと配達の求人を探しました。

新聞配達の求人は見つけたのですが

新聞配達を始めたのは、アルバイトを許可してくれない親をどうにか説得してさせてもらえるものを探した結果見つけたのが新聞を配達することでした。 アルバイトに反対していた親も求人誌で時間帯を見て朝早くに起きると言う事で納得してくれたのを覚えています。 早起き=健康に良いと親も賛同してくれる唯一のアルバイトでした。 そんな経験が20年以上前ことです。 今は、転職を準備する為に休職をしているので、今が最後の健康を考えられる時だと思い配達の求人を探しました。 配達の求人は見つかったのですが、できるかどうかが不安でどうしようもありませんでした。

若いころとは違いました。

健康の為に、若いころにしていた配達を、30歳をまわって始めようとしたのですが、勇気がありませんでした。 配達の求人を見つけて体が動くか心配でしたが、気持ちで負けていては何もできないと思い、健康第一と頭で考えて面接に行きました。 結果は、何の問題もなくOKでした。『 短期間は、本当は困るのだが 』と言いながらも人手が本当に足りなくて心配であったそうである。 配達を行ってみると考えている通りに体がついてきませんでしたが、気持は楽になれました。 今回のことで苦しい時にこそ踏ん張ってやれば物事は好転するのだとわかりました。 若い時に一度経験していただけのアルバイトでしたが、気分的にも健康的にも元気になれたので、 今のこの気持ちを維持していけるようにいい転職先も見つけようと思いました。

© 求人teachers Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。