求人teachers
求人teachers 求人teachersの広告

求人に応募し、面接へ…そこで再度前の仕事で得たことをアピールしましょう|求人teachers

求人に応募し、面接へ…そこで再度前の仕事で得たことをアピールしましょう

2014.04.19にリリースしました。

とうとう面接も後もう少しで終わり。そんな時に求人を出している企業から最も聞きたい質問が来ます。それが「前の職場で何を得たのか」です。面接官はこの質問で「前職をどのような気持ちで仕事をしていたのか、どういう勤務態度なのか」がわかるそうです。だからこそ、この質問に対してしっかりと受け答えをすることにより、自分が「戦力」になることを伝えることができるのです。

だからといって、なかなか答えれるものではありませんよね。ここでは、その答え方の例をご紹介していきましょう。

Q1.前の仕事場でどんな作業をしていましたか?そしてそこで何を学びましたか?

前の仕事場では、飲食店に勤めており、レジとホールをしていました。私は、他のスタッフが自分のしている行動と違う行動をしていると、とても注意深く観察してきました。そこで学んだ事も多くあります。学んだより感じたといった方が正しいと思います。それは、同じレジをするにしても、右利きのスタッフと、左利きのスタッフでは時間のかかり方が違う事など幾つかありました。

Q2.前の仕事場であなたが逆境に感じたことは何でしょうか。それについてあなたはどう乗り越えてきましたか?

逆境と思ったことはそうありませんが、物事の考え方や違いに驚きました。何に驚いたかというと、自身の考えが「何処まで自己中心的な考えだったのか」という事についてです。団体生活は、好ましくないと思い生活をし続けてきましたが、この考えが自己中心的な考えの発端だと分かりました。この考えを改めることで乗り越えることになると思いました。何故、自己中心的になったのか考えました。原因は、前職にはなく私の私生活に問題があった事が分かりそれを徹底して治すことにしました。今では、それが治ってきていると思っています。

もったいないから永山ぱみゅぱみゅ 志望動機のミスは痛いです 自己分析をしてから応募しましょう トピックスです! え?まさか…そんなことが必要なのですか
© 求人teachers Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。